意外とかかる不動産売却時の手数料

不動産売却の手数料について考えたことありますか?手数料は仲介手数料だけではありません。 - 意外とかかる不動産売却時の手数料

意外とかかる不動産売却時の手数料

不動産の売却は、非常に大きなお金が動く物で取引をする際にかかるお金というのも大きいものです。
しかし、不動産の売却というのは売ったお金買うお金だけが動くお金ではなく、他にも色んなお金がかかって来るんですね。
特に、売り主側には様々な取引にかかる費用や手数料という物がありますので、それについて知っておかないと売り出し価格と費用などの折り合いをつけにくいこともあります。

不動産の売却にかかる費用や手数料

不動産売却は、売上の単価も高い分費用や手数料という物も意外にかかる物なんです。
具体的に、どんな要項でお金がかかるのかということをまずは説明していきましょう。
大きく分けると、仲介手数料、印紙代、抵当権抹消登記費用、ローン返済、そして税金となっています。

仲介手数料

仲介手数料、というのは査定をしてくれたり売り出し価格を決定した後に売却のための作業をしてくれる不動産会社に対して支払う手数料の事ですね。
此方は、不動産会社によって変動するのですがおよそ取引価格の3%、固定額、そして消費税がかかるというようになっています。

印紙代

印紙代は、印紙税額ですね。
売買契約書の記載されている値段になっていますので、印紙税額は売り出し価格によってそれぞれ決まった値段を支払うということになっているんですね。

抵当抹消登記費用

こちらは、不動産にかかっている抵当記録を抹消して新しい登記情報を登録するための手続きの費用ですね。
登録免許税は、不動産一つにつき1000円となっており、更に底に加えて司法書士に対しての費用で1万円を支払うことになっていますね。

ローンの返済

そして、住宅物や不動産物を購入する際には一括だけとは限りませんからね。
ローンで購入した場合は、当然ながらまだローンが残っているのならそのローンを完済してからでないと売却をする事は出来ません。
なので、ローン全て返済するという残積を全て支払わなくては行けません。

事務手数料

此方は、上のローン返済に関わってくることですね。
住宅ローンを組んでいる場合は、当然それを返済しなくてはいけないのですが全てを返済しなくてはいけません。
その際に、住宅ローンの繰り上げ返済が必要になります。
此方は、ローン会社によって変わるのですが大体3000円から5000円くらいが目安になっていますが、固定期間の選択型のローンの場合は3万円から5万円くらいになっています。

譲渡益課税

そして、最後にかかってくるのが税金ですね。
こちらは、譲渡所得にかかる税金なのですが不動産売却の場合、様々な条件によって特例で税金を減額する事が出来るようになっています。

仲介手数料は成功報酬

不動産の売却では、仲介業者に対して支払う手数料は基本的には成功報酬になっています。
つまり、売り出し価格を決定してから売却に出し、買い手がついて買い主と取引を完了して利益が発生した場合に、売上の中から手数料を支払うという形になっています。

意外とかかる手数料について

a0960_005959
仲介手数料だけともなればそれほどでもないように見えるかもしれませんが、こうして総合的にかかる費用というのは手数料を含めて結構な値段担っていますね。
なので、こういった手数料や費用などのことを考えてから不動産の売却をしなくては、折角物件を売って大きく利益を上げる事ができても支払わなくてはいけない額が大きければその分利益はマイナスになってしまうのでそのことを計算し忘れないようにしましょう。